ハノイな人達

ベトナムとは何か?ベトナム人とは何か?

2019年2月9日土曜日

象に乗った少年

0 件のコメント :


ここに一枚の古い写真がある。

恐らく時代的には、昭和初期の頃の写真と思われる。
私がその写真を初めて見たのは、幼少の頃である。

洋館の窓辺に佇むその女性は、白いドレス姿で一輪の花を持っていた。
大きな瞳とすっと通った鼻筋は、さながらフランス人形のように愛らしくもあり、美しく、正に洋装の麗人とは、この女性のためにある言葉かと思えるほどだ。

誰からも愛され、祝福されて育った女性というのは、かくも穢れの無い純粋無垢な美しさを醸し出すのではないか、と今となっては思うところだが、幼少の私はそんな難しいことは考えられないので、ただただ、その絶対美に圧倒された。

しかも、その写真の主は、目の前にいる、私の婆ちゃんなのである(笑)

それ言われて、よくよく見れば、大きな瞳と鼻筋は当時の面影があり、さぞかし昔は美人だったのだろうとは想像できる。

とは言え、目の前にいるのは、私にとってはただの婆ちゃんだ(笑)

諸行は無常である。
どんなに美しいものでも、いつかは朽ちる。

これあれば、かれあり。
これなければ、かれなし。
これ生ずれば、かれ生ず。
これ滅すれば、かれ滅す。

私の厭世的なニヒリズムっぽい考え方は、これが原体験ではないかと思われる。
あと、極度の面食いになったのも、この時の衝撃のせいだと思われる(笑)

いずれにせよ、由緒正しい家に生まれ、何の苦労もなく育った婆ちゃんが、激動の昭和を生き抜いたというのは苦労の連続だったに違いない。

ま、人間、やればできる、とも言える(笑)

そんな婆ちゃんの若い頃の話を聞くのが、当時の私にはお伽話を聞いているようで楽しかった。

婆ちゃんによれば、若い頃の爺ちゃんも、かなりのもんだったらしい。
頭脳明晰、語学堪能、スポーツ万能で、上流家庭の子女の間ではモテモテだったそうだ。

婆ちゃんとのデートの時、爺ちゃんは馬に乗って迎えに来る(笑)
洋装の麗人と二人で馬に乗りデートというのが、2人の定番だったらしい。

今では、街中で馬に乗るなんてことは考えられないが、当時でも珍しいことで、街行く人が振り返り、婆ちゃんは「恥ずかしかった」と言っている(笑)

その点を、後に爺ちゃんに確認したところ、当時の爺ちゃんは陸軍で乗馬を教えており(将校以上は乗馬ができないといけない)、終わってから、面倒臭いので、そのまま馬に乗って来ていたそうだ(笑)

意外と緩い時代だ(笑)
今なら、炎上案件だろう。

とにかく、幼少の私は、そういう話を聞くに及んで猛烈に馬に乗りたくなった。

という訳で、爺ちゃんと乗馬クラブに行くのである。

そして、颯爽と馬を乗りこなす幼少王城となるはずだったが、世の中そんなに甘くないのである。
西部劇の様に颯爽と馬を乗りこなすジジイを尻目に、超ヘタレだった幼少の頃の私は、怖くて乗れなかったのだ。
覚えていないが、最後は泣いたらしい(笑)

散々な目に遭い、しばらく落ち込むことになる。

そんな私を不憫に思ったのか、爺ちゃんは突然、

「象に乗せてやる!」

と言い出し、今度は動物園に連れて行かれた。

どういうコネを使ったのかは知らないが、とにかく象に乗せてくれることになったのである。
今なら炎上案件だが、とにかく昔は緩かったのだ。

しかし、目の前で見る象の恐怖というのは、馬の比ではなかった。
もう、ほとんど怪獣だ。

とは言え、この「怪獣のよう」というのが、逆に私の闘志に火を付けた。

象が怖くてバルタン星人と闘えるのか?!

ウルトラマンがいなくなればバルタン星人と闘うのは、この俺なのだ。

という訳の解らん理屈で、リベンジに燃えていた。
馬鹿は幸せである。

更に、爺ちゃんは、象に乗れたら帰りにイマイのサンダーバード秘密基地(プラモデル)を買ってくれると言う!

このインセンティブを得て、幼少王城は燃えに燃えた。
象に乗りさえすれば、労せずしてサンダーバード秘密基地だ!

私は、動物園の人の助けを借り、必死に象によじ登り、象に乗った。

象はでかいのだが、でかさ故に乗ってしまえば馬より安定するので、怖くない。
遅いし(笑)

ただ難点は、象の体毛は意外と固いのである。
一応、マットみたいなものを布いてくれているのだが、半ズボンの私にはチクチクして痛かった。
象に乗る時は長ズボンに限ると、この時初めて知った。
とは言え、それ以来、象に乗る機会はないので、教訓は生かされていない。

とにかく、私は象を乗りこなし(ただ乗っただけだが)、サンダーバード秘密基地を買ってもらい、家に帰って、爺ちゃんと秘密基地を作った。

人間、やればできるのである。




何の話やちゅうねん・・・。



記事が面白かったらクリック!つまらなかったら懲らしめのためにクリック!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ 
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ

2018年10月20日土曜日

日本のお巡りさん

0 件のコメント :


最初に断っておくが、私は日本のお巡りさんが好きだ。

何故かと言えば、日本のお巡りさんほど親切で丁寧なポリスは、世界中どこを探してもいないのではないか?と思う。

と言っても、米国と英国とベトナムしか知らないが、まぁ、恐らく他も似たようなものであろう。
いや、もっと酷いかもしれない。

先日、自転車で移動中、雨が降って来たので傘を差して運転していたら、お巡りさんに呼び止められた。
今や、日本では雨の日に傘を差して自転車に乗ると、5万円以下の罰金らしい。


わし:この雨の中、「傘を差すな」とは、人として正しい物言いだと思っとるんか、貴様?正気か?

警官:い、いえ、その、法律で決まってまして・・・ゴニョゴニョ・・・。

わし:あの自転車の傘差した婆さんを見ろ。
あの婆さんに、「傘差さずに濡れて帰れ」と言うことが、人として正しい行いなのか?

警官:そ、そうはおっしゃられても、私の職務としては法律にのっとって・・・ゴニョゴニョ

わし:お前は阿呆か?
法律だったら何でもかんでも正しいと思ったら、大間違いだ。
「明日から毎日一人づつ射殺」なんてことを法で義務付けられたら、お前は毎日人殺して回るのか?

警官:い、いえ、それはちょっと・・・ゴニョゴニョ・・・。

わし:そうだろう。
そういうのを形式的法治主義と言うのだ。
悪法など守る必要がないのが、今の世の中であって、憲法に反する法など無効だし、人権に反する憲法も無効だ。
そんなことは、バスチーユの襲撃以来、そう決まっとるんだ。
中学校からやり直せ、阿呆が。

わし:しかるにだ。「雨の日に傘を差す」なんてことは、わしが生まれながらにして持つ、ア・プリオリ(先験的)な権利だ。
如何なる法や憲法でもっても侵害することのできぬ権利だ。
その神聖な権利を、木端役人風情が侵害して言い訳ねーだろ、この馬鹿。
最高裁の判事でも、わしが正しいと言うわ。

警官:あ、あの、すいませんが・・・・。

わし:何だ?

警官:もう結構ですので、お気を付けてお帰り下さい・・・。

わし:あ、そうなの。じゃぁ。



記事が面白かったらクリック!つまらなかったら懲らしめのためにクリック!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ 
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年9月8日土曜日

爺いの整髪料

0 件のコメント :


日本滞在中というのは、ハノイにいる時とは違い、腹の立つことが全く起こらない。
その代り、ハノイにいる時とは違った種類の問題に悩まされることがある。

最近、私を悩ませるジジイの整髪料が、それだ。
ことの発端は下記の如くである。

近所にWIFI・電源完備の小洒落たカフェがある。
意識高い系の人々がMacを片手に、よく利用するような店だ。

私は意識低い系だしWindowsだが、便利なのでよく利用する。

この店に、どういう訳だか、如何にも底辺高齢者然としたジジイのグループが毎日やって来る。
当然のことながら、電源を使う用事などないのだが、何故か電源のある席を占拠する。
これだけでも十分迷惑なので、「あっち行け」とも思うが、無論、そういう空気は読めない。
そもそも、この店に来ること自体が場違いだ。

そして意識高い系の人や、意識低い系の私が静かにPCを扱っている間、血圧、血糖値、尿酸値の話題で、ギャーコラ始まる。

一通り、爺達のポンコツ自慢が終わると、今度はパチンコの話題で盛り上がる。
毎日、同じ話題と内容なので、

お前ら、もうボケてんじゃないのか?

と、言いたくなる。

そして、この爺グループのリーダー的存在のジジイの整髪料が強烈に臭いのである。
その匂いは店内に充満し、爺達が返ってもしばらくは匂いが取れないほどの臭さで、吐き気がするほどなのである。

親しくなった店の店員が、爺達が返ってから愚痴をこぼすほどの匂いなのだ。

そもそもハゲ散らかした頭に整髪料がいるのかよ?

とも思うし、

余計なことしないで、落ち武者にしとけ。

とも思う。

かくの様な大迷惑な匂いなのだが、店の店員も客も本人には注意し辛い。
恐らく、本人に言っても何が悪いのか理解できないのではないか?

と言うか、そもそも嗅覚や感覚が麻痺したようなジジイに、その責があるとは思えない。
猿が人を殺しても罪には問えないのと、同じ様なものだ。

では一体、この問題は誰が悪いのか?

そんなもの作るメーカーに決まっている(笑)
それを売る小売店も同罪だ。

しかしながら、どのメーカーのどの商品なのか解らないので、糾弾のしようがない(笑)
そのジジイに聞くしかないが、あんなジジイとしゃべりたくない(笑)
誠に困った問題なのである。


「匂い」と言えば、ハノイにいる時も、いろいろと大変だ。

バイクで走っている時に、前方にゴミ収集車がいると、鼻がモゲそうになる。
満員のエレベーターも臭くてかなわない。

お前ら、毎日風呂入れ、頼む・・・。

と言いたくなる。

ベトナムの白米なんぞ、臭くて食えない。
あの匂いだけで、食欲がなくなる。

と、ここまで書いて気付いたんだが、マスクすればいいのだ(笑)
マスクをすれば、少しは緩和されるはずだ。

そう言えば、ハノイではずっとマスクしてたわ。

マスク買いに行ってこよっと。




記事が面白かったらクリック!つまらなかったら懲らしめのためにクリック!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ 
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年6月23日土曜日

喰龍(ハロン)のカレーつけ麺VS東池袋大勝軒・濃厚豚骨魚介つけ麺

0 件のコメント :


今回はベトナムと日本に関する内容。
と言っても、厳密にベトナムが関係するかどうかは微妙(笑)

ハノイでラーメンと言えば、喰龍(ハロン)なのである。
これはもう、誰が何と言っても喰龍(ハロン)なのである。

喰龍の前に喰龍なく、喰龍のあとに喰龍なし

という講道館史上最強の柔道家・木村政彦先生に匹敵するほどの喰龍なのである。
よって、店に入る時は一礼し、「お願いします!」と挨拶して入らねばならない。
帰る時は無論、「ありがとうございました!」と挨拶をする。

「喰龍より美味いラーメン屋がハノイにある」というふざけたことを抜かす奴がいるなら、私に教えろ。

食べに行かせて頂きます(笑)

そんな喰龍は、駐在員親父達の憩いの場・Linh Langにある。
詳しくは、下記ブログの地図を参考にして欲しい。

ハノイでラーメンって言ったらここしかねーじゃねーか!!【喰龍(はろん)】


さて、そんな訳で、私は日本に帰国し4カ月が過ぎ、そろそろ喰龍のカレーつけ麺が食いたくなって来た。

そう言えば、日本で「ハノイで美味しい料理ありますか?」と聞かれると、私は必ず喰龍のラーメンを紹介する。

「え?!ベトナム料理じゃないの?・・・。」

と、相手は不服そうだが、

「ベトナム料理など馬糞食ってるのと変わらないぞ。」

と、教えている。
厳密には、馬糞を食ったことがないので知らないが(笑)

とにかく、喰龍のカレーつけ麺が食いたいのである。

「喰龍のラーメンを食うためだけにハノイに行ってもいいぐらいだ。」

と、普段言っている私だが、実際行くかどうかというのは別問題だ(笑)

かくして、私は近所のラーメン屋に、つけ麺を食いに行くことにしたのである。
とりあえず、家の近所の大須商店街にある東池袋大勝軒・大須店に行くことにした。

大須と言えば、毎年、世界コスプレサミットが開催されるヲタクの聖地である。
開催期間中は、世界中からヘンテコリンな恰好をしたヲタクが集まって来る。

以前の開催中に、キックのジムの会長が近くを通りがかった時、外人コスプレイヤーがホームレスの親父に絡まれていたそうだ。
原因は、外人がホームレスをコスプレイヤーと勘違いし、話しかけたのが悪かったらしい(笑)
「助けてあげようと思ったが、笑えてできなかった」そうだ(笑)

そんな訳で、東池袋大勝軒・大須店の濃厚豚骨魚介つけ麺を食った。

何これ?!
うまっ!(笑)

喰龍のカレーつけ麺と変わらないぐらい美味い。
もちろん、カレーつけ麺とは種類が違うので、単純に比較はできないが、これはこれで激うまだ。

家の近所に、こんな美味いラーメン屋があるなら、わざわざハノイまで行く必要がないではないか(笑)

恐るべし、日本のラーメン屋!


記事が面白かったらクリック!つまらなかったら懲らしめのためにクリック!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ 
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ 
このエントリーをはてなブックマークに追加